福井県立武生高等学校 様

論理的思考を基に、ロボット制御のアルゴリズムを考えプログラムを制作しよう。


ご担当

理数科主任) 中山 孝士 先生

対象科目

理数科2年「科学講座」
自動制御プログラミング 講座

利用教材

  • 教育用レゴ マインドストーム
  • ROBOLAB
  • ROBOLAB演習用テキスト(アフレル社製)
  • 楕円コース

テーマ

授業の目的は、新学習指導要領の“(2) 問題解決とコンピュータの活用”の“イ 問題の解決と処理手順の自動化”の項目、“問題の解決法をアルゴリズムを用いて表現する方法を習得させ、コンピュータによる処理手順の自動実行の有用性を理解させる”ことである。そのために「論理的思考を基に、ロボット制御のアルゴリズムを考えプログラムを制作しよう」とした。

内容

13:10~14:00

  • RCXの概要説明
  • ROBOLABの使い方紹介
  • タイマ制御で○秒前進して止まる
  • 90度右に曲がる
  • 90度右に曲がり、90度左に曲がる

14:10~15:00

  • 90度右に曲がり、90度左に曲がるを繰り返す
  • 黒い線で止まる
  • 白いところで止まる
  • 楕円コースのラインとレース
  • 片付けとアンケート

コメント

短い時間の実習でしたが、演習テキストの内容が洗練されており満足のいく科学講座になった。
「WROの課題を2時間でクリアする」~2時間で世界一のレベルの応用力をつける~という大きなタイトルでの実施で不安もあったが、生徒の取り組みもよくスムーズに課題をクリアすることができた。
この講座実施の効果で、高校卒業後「機械システム系」の学科に進学する生徒もいた。

生徒の感想(一部)

  • 初めてプログラムを作り、簡単にロボットを動かすことができて驚きました。
  • 自分は「C言語」を勉強しているが、プログラムのもとを作るのは難しいと思う。
  • 講師の先生の講義や実習は大変面白くてわかりやすく良い経験になった。
    今回のROBOLABの仕組みは凄いと思った。
  • 自分には難しい世界だと思ったが、楽しくて熱中しました。またやりたいです。

福井県立武生高等学校のホームページはこちら

カスタマーセンターお問い合わせ > ご都合のよい方法でどうぞ
  • ご相談フォームお問い合わせ お見積もり
  • 電話 平日9:30-17:30
  • FAX