新入社員・若手技術者 支援サービス

受講者の成果が見える体験型研修で生産性を高めます。

 

システム開発の【見える化】で「わかった!」を体感

アフレルの「ソフトウェア開発・実践研修」は、作成したプログラムやシステムを「教育版レゴ マインドストーム EV3」(ロボット)を使って視覚化します。設計、実装、テストをくりかえした成果がロボットの動きで見えるので、研修全体を通して大きな達成感が得られます。

教育版レゴ マインドストーム EV3を使った新人研修(喜び)

開発全工程の実践

システム開発の全工程を体験・実践します。

開発現場に配属後、自分の仕事のポジションと役割を把握でき、品質と生産性の向上に取り組むことができるようになります。進捗会議の内容も理解できるようになります。

対象

主に、システムエンジニアの新入社員やこれからシステム開発やプログラミングに携わる方。
経験者の方にも、システム開発全体を見直す機会として効果的です。

特徴

分析・設計から、プログラミング、テスト、納品までを実践します。
「前後の工程のつながり」や「テストは設計内容に紐づく」といった各工程の意味、重要なポイントを体得します。

使用ハードウェア 教育版レゴ マインドストームによる自立車両型ロボット
期間 5日間(標準) / 3日間(短期集中型)
課題

自動搬送システム:本課題のシステムは、UMLで設計し、プログラム言語を用いて開発します
※UML: Unified Modeling Language

教育版レゴ マインドストーム EV3を使った研修内容

スケジュール

教育版レゴ マインドストームを使った新人研修スケジュール

 

分析・設計にUMLを利用。
開発言語は、目的に応じて「教育版EV3ソフトウェア(アイコン型簡易言語」「C言語」「Java」より選択できます。

■システム開発体験コース(UML-教育版EV3ソフトウェア)
特 長 ・ソフトウェア開発プロジェクト体験への第一歩
・全工程を体験学習
・システム開発のプロセスとは?の疑問を解消
目 的 これからソフトウェア工学、システム開発実習に取り組まれる方向けに、システム開発に必要な論理的思考とプログラミングに必要なアルゴリズムの発想力を身につけます。
内 容

アイコンを使って視覚的にプログラムできるソフトウェア(教育版EV3ソフトウェア)を使用します。C言語、Java等の言語研修以前に実践可能です。まずは、「システム開発による問題解決」を体験することに重点がおかれています。

教育版EV3ソフトウェア

教育版EV3ソフトウェア

■組込みシステム開発実践コース(UML-C)
特 長 ・ロボットを制御対象とした組込みシステム開発実践
・プロジェクトベースで組込みシステム開発の特徴を実感
目 的 これから組込みソフトウェア開発や組込みモデリング開発に取り組まれる方に対し、組込みソフトウェアの設計から実装、テストの開発全工程を実践します。実際に動くシステムを開発することで、思考と実習成果が明らかに見えます。
内 容 組込みソフトウェア開発の実践トレーニングです。 OSに「TOPPERS/ATK1.JSP」を採用。リアルタイムOSを利用し、センサ、モータ、通信デバイスのコントロール、マルチスレッド、割り込み処理など、組込みソフトウェアに特徴的な制御開発に重点がおかれています。C言語利用。開発/実行環境にnxtOSEKを採用。
■オブジェクト指向開発実践コース(UML-Java)
特 長 ・オブジェクト指向で分析,設計,実装を実践
・プロジェクトベースでオブジェクト指向開発学習
目 的 これからオブジェクト指向を開発に取り組まれる方に対し、オブジェクト指向による設計から実装、テストの開発全工程を実践します。実際に動くシステムを開発することで、思考と実習成果が明らかに見えます。
内 容 オブジェクト指向による開発実践トレーニングです。分析・設計と実装がどうつながるか、動くロボット活用のテストにより保守性の高い設計、実装といったオブジェクト指向の特徴をトレーニングの中で体感します。Java利用。

開発プロセス全体を見通せる!

研修成果の「見える化」で、問題解決力UP

問題解決力の育成には、できること、できないことをはっきりさせることが大切です。
ロボット活用の体験・実践型システム開発研修は、受講者の思考結果、開発結果が全てロボットの動きとして現れるので、受講者と講師の双方が成果を確認できます。

開発現場で、品質、生産性、メンテナンス性向上を発揮

例えば、プログラミングを担当する新人に「品質を上げるように」「メンテナンス性のよいものをつくるように」と言っても、テストやメンテナンスを体験していないと理解できず、実践は難しいでしょう。

アフレルのソフトウェア開発・実践研修コースでは、自分でつくった設計、プログラムをテストします。この中で、「設計やプログラムの品質がよくないと、テストで苦労する」ことを体験することになります。さらに、仕様追加やレビューの実践でメンテナンス性、生産性の重要性を学びます。

体験による学びが、実際の開発現場で役立つ基礎力となります。

ソフトウェア開発・実践研修-教育版レゴ マインドストーム EV3

受講者から

製品を開発する上で、”設計”がいかに重要であるかを確認することができました。

前工程の設計が不十分であると、次工程の設計に大きく影響すること(内部設計→プログラム設計)や効率よくぽうログラム開発を行う際、分析、テスト、レビュー、設計など各項目に対して丁寧に仕事を行うことが大切だということを身をもって感じました。

システム開発の流れを一通り経験することができ、多くのことを学びました。開発の大変さ、チーム連携の難しさなど様々なことを実感したので、今後の業務に活かします。

レゴがプログラム通りに動くのがおもしろく全体的に楽しんで研修をうけることができました。

人事担当者様から

教育版レゴ マインドストームだから、プログラミング経験に違いがあっても同一研修の中でそれぞれに合った目標値で研修ができました。

開発は楽しい、と言うことを実感してもらえ、スタッフ職で採用したのにSEを希望した例もあります。また、その後の言語研修が容易になりました。

全社公開している開発結果発表会の見学者が増え、好評です。

 

【企業様からの声】

アズビル株式会社様

スムーズな業務進行のために、開発プロセスの全工程を体験できる研修が必要でした。

キヤノンソフトウェア様

経験の有無にかかわらず、開発の楽しさを実感する研修にしたい。

~マイナビニュースはこちら

富士通ラーニングメディア様

短期間でシステム開発の流れを学ぶ

教育版レゴ マインドストーム EV3を使った新人研修(組み立て)

導入実績

詳しくはこちら

 

導入例

詳しくはこちら

 

研修のお申込み流れ

kenshyu_flow

 

イメージ

・お気軽にご相談ください。
・営業担当がご相談にお伺いいたします。
・企業研修導入や技術者育成の担当者様と一緒に、研修企画で抱えているお悩みのヒアリングからご提案、導入はもちろん、実施後の振り返りも含め丁寧に対応いたします。

オンサイト実施、講師派遣もしくは自社講師実践、カスタマイズ対応等お問い合わせください

カスタマーセンターお問い合わせ > ご都合のよい方法でどうぞ
  • ご相談フォームお問い合わせ お見積もり
  • 電話 平日9:30-17:30
  • FAX