アズビル株式会社 様

通常業務では、システムの一部分しか担当することができない。
スムーズな業務進行のために、開発プロセスの全工程を体験できる研修が必要でした。

  • 【企業研修】導入例 アズビル(株)
  • 【企業研修】導入例 アズビル(株)
  • 【企業研修】導入例 アズビル(株)

 

 

 

 

 

 

 

 

通常業務では、システムの一部分しか担当することができない。
スムーズな業務進行のために、開発プロセスの全工程を体験できる
研修が必要でした。

開発現場の上司から、「配属後、業務上必要最小限の “部分”しか仕事をさせていないので、コーディング含めた開発プロセスを一通り学ばせ、“全体”を意識させることが必要」という声が挙がっていた。また、「前工程、後工程の理解を含め、SW開発工程全体を見る目を養うことで、長い目で見てSW品質の向上につなげたい。」という要望も。
それらの声を受け、アフレルの研修が最適と判断し、導入に至った。

【オブジェクト指向開発実践コース(UML-java 編)】
オブジェクト指向による設計から実装、テストまでのソフトウェア開発の工程全体が体験できる実践的な講座。
設計はUMLを使用して記述。各々の工程では「何を表すかによってどの図を用いるべきか」、「残すべき情報は何であるか」を疑似開発を通じて学習する。
また、設計とソースコードを対応つける方法に接することで、設計側の意図を反映したソースコードの作り方を学ぶ。

・これまでは、講義でそれぞれの工程についてINPUTとOUTPUTで繋がっていることを学んでいたが、体感はできていなかった。また、図示化(UML)記述を書くことはよくあるが、工程間で結びつけがなく、記述の理解も今一歩だった。
今回の研修で、開発の一連の工程がINPUTとOUTPUTで結び付けられることを実際の作業を通して学べ、理解できた。
設計と実装についても1対1で見通しがよくなり、レビューの向上、メンテナンス性やテストの向上が図れると感じた。

・要求分析から完成物を動かすところまで開発工程の全体を体験できたことは、良い経験になった。UMLの概要は本で読んだことはあったが、今回の研修を通じて実際に使う感覚を体験できて良かった。
また、私はプログラミングの経験が浅いので、プログラミングが得意な方たちと一緒に作業できたのは、とても刺激になった。

・UML等の手法をもちいて開発を行えば、完成度の高いソフトウエアになる。
なによりも、ソフトウエアの仕様が開発に携わっていない人にもはっきりと分かるようになり、メンテナンス等に大変有益である。

・オフショア開発する際にUMLで記述した設計書を使用すれば、日本語の記述の曖昧さを回避できそうだと感じた。

・マインドストームを使ったシステム課題は初心者と開発経験がある人のどちらにも合っていて、よいテーマだったと思います。

カスタマーセンターお問い合わせ > ご都合のよい方法でどうぞ
  • ご相談フォームお問い合わせ お見積もり
  • 電話 平日9:30-17:30
  • FAX