【教材】開発エンジニア対象

 

体験実践型のソフトウェア開発研修

「見える」研修成果が特徴です。自律型ロボットを使った物流システム開発を課題として、開発工程全体、分析から設計、設計から実装、テストにいたるまで実践体験を通じた研修です。

「見える」システム開発で研修成果も明らかに。個人ごとの学習進度に応じたカリキュラム、繰り返しと実践内容の振り返りが理解度を高めます。

対象:新入社員、初級エンジニア、転換者、組込みソフトウェア初級、オブジェクト指向開発初級

[ 動画一覧はコチラ ]

開発工程全体体験

システム開発の工程全体を体験することで、開発における仕事全体を把握し、実際の開発において先の仕事を考慮した仕事ができるようにします。

ソフトウェア開発の全工程を体験・実践

開発における仕事全体を把握し、実際の開発において工程間のつながりを意識してできるようにします。
前工程、後工程を理解することで品質意識を高めます。

ソフトウェア開発の全工程を体験・実践

◎ハードウェア:LEGO MINDSTORMS™による自律車両型ロボット(光センサ、タッチセンサ、超音波、角度センサ、内蔵サーボモータ、サウンド出力、ブルートゥース通信)
◎分析・設計:UML(Unified Modeling Language)による実践
◎プログラミング:C、Java、ROBOLAB(ロボラボ/アイコンを使った視覚的なプログラミングが可能なソフトウェア)
◎テスト:工程に応じたテスト環境を使用し、テストを実施、障害票も管理
◎プレゼンテーション:開発システムの模擬顧客プレゼンテーションを実施

研修目的に応じた、充実したカリキュラム・コース

言語研修不要とした新人向け、組込みソフトウェア実践向け、オブジェクト指向開発実践向けと、それぞれの特徴に対応したトレーニング・カリキュラムです。

モデリング開発

分析、設計の各工程においてUMLを活用することにより、モデリング開発の目的や役割を実感できます。開発工程間において、開発内容のトレーサビリティを明確化。開発現場での問題点に対応したトレーニング。

ロボットを活用した研修の特徴

ロボットを活用した研修の特徴

開発成果と研修成果を「見える化」 受講者、指導者ともに、システム動作によって成果と達成感を共有できます。

センサやモータをプログラムで扱うことにより、ハードウェアとソフトウェアの関係を体感できます。 「見える化」による達成感と振り返りが研修効果を飛躍的に高めます。

       

分析・設計にUMLを利用。開発言語は、目的に応じて、ROBOLAB(アイコン型簡易言語)、C、Javaより選択となります。

■システム開発体験コース(UML-ROBOLAB)
特 長 ・ソフトウェア開発プロジェクト体験への第一歩
・全工程を体験学習 ・システム開発のプロセスとは?の疑問を解消
目 的 れからソフトウェア工学、システム開発実習に取り組まれる方向けに、システム開発に必要な論理的思考とプログラミングに必要なアルゴリズムの発想力を身につけます。
内 容 アイコンを使って視覚的にプログラムできるソフトウェア(ROBOLAB)を使用します。C言語、Java等の言語研修以前に実践可能です。まずは、「システム開発による問題解決」を体験することに重点がおかれています。
■組込みシステム開発実践コース(UML-C)
特 長 ・オブジェクト指向で分析,設計,実装を実践
・プロジェクトベースでオブジェクト指向開発学習
目 的 これから組込みソフトウェア開発や組込みモデリング開発に取り組まれる方に対し、組込みソフトウェアの設計から実装、テストの開発全工程を実践します。実際に動くシステムを開発することで、思考と実習成果が明らかに見えます。
内 容 組込みソフトウェア開発の実践トレーニングです。 OSに「TOPPERS/ATK1.JSP」を採用。リアルタイムOSを利用し、センサ、モータ、通信デバイスのコントロール、マルチスレッド、割り込み処理など、組込みソフトウェアに特徴的な制御開発に重点がおかれています。C言語利用。開発/実行環境にnxtOSEKを採用。
■オブジェクト指向開発実践コース(UML-Java)
特 長 ・ロボットを制御対象とした組込みシステム開発実践
・プロジェクトベースで組込みシステム開発の特徴を実感
目 的 これからオブジェクト指向を開発に取り組まれる方に対し、オブジェクト指向による設計から実装、テストの開発全工程を実践します。実際に動くシステムを開発することで、思考と実習成果が明らかに見えます。
内 容 オブジェクト指向による開発実践トレーニングです。分析・設計と実装がどうつながるか、動くロボット活用のテストにより保守性の高い設計、実装といったオブジェクト指向の特徴をトレーニングの中で体感します。Java利用。

■システム開発体験コース
指導者用

システム開発体験コース画像をクリックして中身をチェック

学生用

システム開発体験コース画像をクリックして中身をチェック

■組込みシステム開発体験コース
指導者用

組込みシステム開発実践コース(UML-C)画像をクリックして中身をチェック

学生用

組込みシステム開発実践コース(UML-C)画像をクリックして中身をチェック

■オブジェクト指向開発体験コース
指導者用

オブジェクト指向開発実践コース(UML-Java)画像をクリックして中身をチェック

学生用

オブジェクト指向開発実践コース(UML-Java)画像をクリックして中身をチェック

実習期間 標準 30〜45時間
課題 自動搬送システム 本課題のシステムはUMLで設計し、プログラミング言語を用いて開発をします。

img_eng_1

上記の自動システム化要求を課題として、プロジェクトの全工程に沿ってシステムを開発します。 全てハンズ・オンの体験・実習型コースです。

academi01

ハードウェア 教育用レゴマインドストームNXTによる自律車両型ロボット 光センサ、タッチセンサ、超音波センサ、角度センサ内蔵サーボモータ、サウンド出力、ブルートゥース通信
分析・設計 UML(Unified Modeling Language)による実践
プログラミング C、Java、ROBOLAB(コースにより選択)
テスト 工程に応じたテスト環境を使用し、テストを実施。障害表も管理。
プレゼンテーション 開発システムのプレゼンテーション、実習成果発表。

 

分 析 設 計 実 装 テスト
工程 要求分析 システム分析 外部設計 内部設計 プログラム設計 プログラミング 単体テスト 結合テスト システムテスト プレゼンテーション
使用ツール UML C/Java ROBOLAB 教育用レゴマインドストームNXT

短期間で開発全工程を体験実習、システム開発とは、ものづくりとはを実践体感し、楽しい仕事の取組みへ!

「できた!」「わかった」「私がつくった!」達成感を味わうこと、感動のある研修現場を実現します。

研修成果を「見える化」し、問題解決力向上へ

問題解決力の育成には、問題解決できた(できない)をハッキリさせることが重要です。 ロボット活用の体験・実践型システム開発研修は、受講者の思考結果、開発結果が全てロボットの動きとして現れます。 受講者自身と講師の双方が成果を確認できるようになります。

楽しそうに見える内容ですが、実はごまかしの効かない誠実な成果が見えてきます。

新人、1・2年目エンジニア、研修後の現場での期待効果

開発全工程の体験、標準化、障害表…等の実践は、開発現場で先輩・上司と会話をスムーズにすることでしょう。 エンジニアとしての一歩を本人の自信と期待で踏み出せるようにしたいものです。 進捗会議で交わされる会話を自分の仕事と照らし合わせて理解できるようにすること、それがプロジェクト・ベース型研修の効果として見えてくるでしょう。

組込みソフトウェア開発初級者、オブジェクト指向開発初級者の納得感会得による理解

コース内では、設計-実装-テストの関係を繰り返し思考し、「なぜ、そうするのか」「その効果は」を仮説化し実践します。実践結果からの振り返りは、机上ではない開発現場に近い経験を得ることができ、トレーニングで得た知見をプロジェクト開発現場への適用がしやすくなります。

導入実績

詳しくはこちら

 

導入例

詳しくはこちら

 

お客様の声

詳しくはこちら

研修のお申込み流れ

詳しくはこちら

kenshyu_flow

 

ご注文方法

詳しくはこちら

その他、開発や検証用のセット教材も用意しております。

【開発セット】 制御チャレンジセット モデルベース開発
【開発セット】 Kinectセット

イメージ

・お気軽にご相談ください。
・営業担当がご相談にお伺いいたします。
・企業研修導入や技術者育成の担当者様と一緒に、研修企画で抱えているお悩みのヒアリングからご提案、導入はもちろん、実施後の振り返りも含め丁寧に対応いたします。

オンサイト実施、講師派遣もしくは自社講師実践、カスタマイズ対応等お問い合わせください

カスタマーセンターお問い合わせ > ご都合のよい方法でどうぞ
  • ご相談フォームお問い合わせ お見積もり
  • 電話 平日9:30-17:30
  • FAX