スマートデバイスGP

 

line

スマートデバイスGPとは

「高速自動ドライブ」「自動ブレーキ」「自動パーキング」。
クルマの世界では今や当たり前になりつつあるこの機能を教育版レゴ®マインドストーム®に組み込み、そのスピード、正確さを競い合うコンテストが「スマートデバイスGP」です。対象は大学生、大学院生、短大生、高専生、専門学校生で、地区大会は日本国内4ヶ所で開催。優秀者には全国決勝へと進出していただきます。また企業の技術者と話せる場をつくるなど、企業と学生の交流を促すような機会もつくります。
教育版レゴ®マインドストーム®EV3の無料レンタルもありますので、初めての方もぜひ気軽にチャレンジしてください。

主催:リクルートキャリア 共催:株式会社アフレル

 

line

ETロボコンの走行体で出場可能!

~改造も自由制作もOK~

ETロボコン走行体

スマートデバイスGPはETロボコンの走行体でも参加することができます!
また規定サイズ内であれば、走行体のカスタマイズも可能です。

※ただし使用できるタイヤの規定により、「しっぽ走行」のタイヤは使用できません。2輪で走行するか、しっぽ部分を規定のタイヤに変更してください。

※スマデバGPでは走行体のサイズは25×25×25cm以内とし、タイヤのゴムは装着禁止。

 

line

個人または2人1チームでエントリー

スマートデバイスGPは個人または2人1チームでの登録制となっています。
2人で協力し合うも良し、1人で実力を試すも良し、自由にチャレンジしてください!

なお、参加者向けにEV3の無料レンタルも行っておりますので、台数が足りない場合はそちらをご利用ください。

 

line

モデル・プログラムの提出は不要

スマートデバイスGPではモデルはもちろん、プログラムの提出も不要です。
順位はスピードのみで決定するという、至極シンプルなコンテスト!

 

line

出場できるのは学生のみ

参加対象は大学生、大学院生、短大生、高専生、専門学校生となっており、学生のみの大会です。
また各種企業が大会の見学に来るなど、企業と学生との交流のチャンスがあります。

 

line

主なルールとコースイメージ

● 利用できる部品は、教育版レゴ マインドストームに含まれるパーツと規定される周辺パーツのみ
● 使用できるコントローラはNXT/EV3インテリジェントブロック1個のみ
● 走行体のサイズは、25×25×25cm以内
● 利用するOSや言語、開発環境は自由
● Wi-FiやBluetoothによる通信は可能

スマデバGPコースイメージ

 

line

スケジュール

各地区大会の前日までエントリー可能です。
● 大阪大会  エントリー締切:10/10(金) 地区大会:10/11(土)
● 福岡大会  エントリー締切:10/17(金) 地区大会:10/18(土)
● 名古屋大会 エントリー締切:10/24(金) 地区大会:10/25(土)
● 東京大会  エントリー締切:10/31(金) 地区大会:11/1(土)

● 全国決勝(東京) 12/13(土)

 

line

お申込みはこちら

エントリーの際には「キャリフル」でカンタン登録を行い、必要事項をご入力ください。
※スマートデバイスGPのご登録・ご参加は無料です!

 

参加申込ボタン

 

line

gototop